silver05.gif
  • konisoku

あの日から7年が経ち


2011年3月11日の東日本大震災から、今日で7年が経ちました。被災地で亡くなられた方のご冥福を改めてお祈りいたします。

当時、弊社も復興のための測量に社員を派遣しました。派遣した社員からテレビや新聞などのメディアからは伝わって来なかった、現地の惨状を聞きました。大変な衝撃を受け、今でも鮮明に覚えており忘れる事が出来ません。

 復興はまだまだ終わりが見えていません。

私たちの便利で豊かな日常の裏には様々な問題があります。このことを忘れずに、土地を扱う仕事を通して、これからも社会に役立てるよう業務に取り組んで行きたいと思います。


41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

下町の人情にふれて

先週、足立区の下町で測量をしました。建物が密集していて、前回は入れなかったところ。 今回通路の所有者に断って敷地内に入らせていただき、1m幅の敷地裏を測量しました。奥に長い通路なので心配しましたが、きれいに掃除されていてとても気持ちよく測量出来ました。聞けば、いつもきれいに掃除しているとのこと。こんなところに下町の人情・風情を感じました。

長期優良住宅

先日、建物の表題登記で現場調査をしている時に、お客様から、これから長期優良住宅の申請を行いたいんだけどというお話がありました。 このような質問を時々受けるので、調べてみると、長期優良住宅は着工する前に申請する必要がありますので、土地家屋調査士が、建物の表題登記をする段階では、間に合わないんです。 長期優良住宅とは、ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じ

土地家屋調査士という職業

仕事をしていて、「土地家屋調査士というお仕事を初めて聞きました!」という方にお会いしました。時々こういう事があります。妻も私と知り合うまで土地家屋調査士を知らなかったと言ってました。 興味をもって色々と聞いてくださるのでとてもうれしいですが、少し複雑な気持ちになります。支部の役員をしていた時には、区民祭での無料相談会や県内の高校での出張授業などで土地家屋調査士という職業を知っていただく活動をしてい